デリケートゾーン対策についてもっとちゃんと知ろう

女性の約9割の方が、デリケートゾーンのケアに関心があるというアンケート調査結果が出ています。

それだけ、デリケートゾーンへの不安があるともいえる訳です。

そこで、ここではデリケートゾーンのトラブルと、その対策について紹介していきますので、ただ不安と心配で日々過ごすのではなく、積極的にケアをしてください。

欧米諸国では、デリケートゾーンのケアは、普段の歯磨きと同じくらい当たり前の習慣となっていますので、日本でも遅かれ早かれその日が来るでしょう。

そして、ドラッグストアに、専用コーナーが出来る日もそう遠くないかもしれませんので、デリケートゾーン対策については、もっとちゃんと知っておきたいものです。

そこで当サイトでは、様々なデリケートゾーンのトラブルと、その対策を紹介しますので、是非ご活用ください。

デリケートゾーンのかゆみ対策

口には出さないだけで、みんな我慢している「デリケートゾーンがかゆい」問題!

あなたも経験がありますよね、そう、みんなもあるんですが、我慢しているだけで、誰も口に出さないだけなんです。

そんなデリケートゾーンがかゆい問題の対策を紹介します。

かゆみの原因

デリケートゾーンがかゆくなるのは、汗やムレによるものや、下着など肌に触れる繊維が合わずに、かぶれたり炎症を起こしたりする場合です。

又、カンジダなどの感染症が原因で、かなり強くかゆくなる場合もありますので、その際には迷わず婦人科で診てもらってください。

カンジダは、ポロポロとした白いおりものが出るという症状がありますので、解りやすいかと思います。

それからカンジダは酵母カビの一種で、性感染症ではありませんので、誤解されませんように!

ということで、生理のときや汗をかいたときなどは、特に蒸れやすく、かゆくなることもありますので、まめにナプキンを取り替えたり、汗を拭き取ったりして蒸れを防ぐようにしましょう。

加齢によるかゆみ

40代に近づくにつれ、女性ホルモンの減少が見られ、膣の潤いが減りますので、かゆみが出たり炎症を起こしたりしやすくなります。

ですから保湿クリームで日々のケアも、必須の美容アイテムといえます。

かゆみ対策

皮膚をかいたり、何かにこすり当てたりなんかすると、その刺激で皮膚のメラニン色素が増え黒ずみの原因になったり、かいたところから雑菌が侵入し、ニオイの原因にもなります。

ですから、かゆいからといって、かいちゃうようなことはしないで、専用の薬を使用して、かゆみを和らげる方法をとってください。

ただし、感染症の場合は、それ専門の薬を処方されることをおすすめします。

次の記事で、デリケートゾーンの痒みについて詳しく紹介してますので、是非ご覧ください。

次の記事=>股の痒い女ですか?ここで解決出来ます!

デリケートゾーンのニオイ対策

口には出さないだけで、みんな気にしている「デリケートゾーンのニオイ」問題!

あなたも経験してますよね!ニオイのせいで、積極的になれなかったりしたこと。

そんなデリケートゾーンのニオイ問題の対策を紹介します。

◆ニオイの原因◆

ニオイの原因で代表的なのは、「生理中」「細菌感染」「すそわきが」があります。

生理中

おりものや経血でデリケートゾーンが汚れてい事が、細菌の繁殖を促し、臭いの原因となります。

細菌感染

生ゴミのような腐敗臭がする場合は、デリケートゾーンにたまった汚れが原因で、細菌が繁殖していることが考えられます。

ただ、異常におりものが増えたり、かゆみが伴うようでしたら、性感染症の疑いがありますので、すぐに婦人科で受診してください。

すそわきが

以上のような場合以外で、常に強いにおいがある方は、「すそわきが」「わきが」の疑いがあります。

わきの下やデリケートゾーンにある、強いにおいの汗を出す「アポクリン腺」の多い方は、多汗症である場合が多いので、よけいに細菌が繁殖して、より一層ニオイが強くなります。

◆ニオイの対策◆

ニオイ対策の基本は、デリケートゾーンを常に清潔に保つことと、ターンオーバーの乱れをなくすことです。

ムレにくい環境作り

ムレないように、通気性の良い下着を選びます。

おすすめは、吸湿性の高い、綿やシルクなど、天然素材の下着がいいですね!

もちろん、夏場のスキニーデニムやパンティストッキングの着用はNGですよ。ムレムレになっちゃいます。

ナプキンはこまめに交換

おりものシートやナプキンがサラサラになって、長時間の使用にも違和感がなくなりましたが、それでも細菌の繁殖を抑えているわけではないので、ニオイの気になる方は、こまめに交換してください。

デリケートゾーンのお手入れ

毎日の入浴時に、デリケートゾーンを念入りに洗いましょう。

だからといって、普段使用している石鹸でごしごし洗っては、逆効果です。

デリケートゾーンは皮膚も薄く粘膜が多い部分ですので、一般の石鹸では皮膚を傷めてしまいます。

ですので、肌に近い弱酸性のデリケートゾーン専用ソープで丁寧に洗うことが大事です。

そして、洗浄後は保湿クリーム等で、ターンオーバーの乱れを解消するようにしてください。

そのことで、細菌を寄せ付けない力が働き、ニオイを抑えることに繋がります。

保湿クリームについてですが、デリケートゾーン専用の保湿クリームは、黒ずみ対策用クリームとして販売されていることが多く、保湿により新陳代謝が促進され、ターンオーバーの乱れが解消されることが、黒ずみにならない、あるいは黒ずみ消しに効果があるからです。

そんな、デリケートゾーンの保湿効果のある、黒ずみ対策用クリームについては、次の記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

次の記事=>失敗しない陰部の黒ずみ改善!3ヶ月で効果の出る激安ネットショップ

健康に気をつける

デリケートゾーンのニオイと、直接関係ないように思われがちですが、健康でないと免疫力が低下し、膣の自浄能力も低下するので、ニオイが増加するのです。

ですから、過度なストレス、暴飲暴食、睡眠不足などによる生活の乱れ、極度の疲労などが無い様に注意してください。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策

口には出さないだけで、みんな悩んでいる「デリケートゾーンの黒ずみ」問題!

普段見えるとこではないですが、そのせいで、積極的になれなかったりしたことありません?

そんなデリケートゾーンの黒ずみ問題の対策を紹介します。

◆黒ずみの原因◆

黒ずみの原因としては、「下着と摩擦」「自己処理」「ターンオーバーの乱れ」とありますが、元々黒くなりやすい性質を持った方もいますので、日ごろからのお手入れは必須となります。

下着と摩擦

小さい下着、化学繊維を使用した下着などは、肌を刺激しやすいので、肌をいためたり黒ずみを招いたりしますので、敏感肌の人は刺激の無い天然素材の下着を選ぶようにしましょう。

自己処理

アンダーヘアの自己処理を、市販の除毛クリームやカミソリなどで行う際には、処理後に欠かさず保湿ローションやクリームなどでケアをするようにしてください。

それだけ、アンダーヘアの処理は、肌に与えるダメージが大きく、黒ずみの原因になるからです。

ですので頻繁に処理を行うことは、なるべく避けるようにし、肌への負担を軽くしてあげてください。

ターンオーバーの乱れ

肌再生が正しく行われないと、しみのように黒ずんできますが、その原因になるのが、加齢だったり、ストレスによるホルモンバランスの乱れだったりします。

特に薄くて敏感な肌ですので、黒ずんでしまうと、元のような綺麗な肌に戻すのが大変になります。

ですので、日ごろのお手入れは欠かさないようにしたいものです。

◆黒ずみの対策◆

予防としては、普段からデリケートゾーンのケアを心がけることです。

黒ずみが出ている方は、専用のクリーム等でケアをされてください。

予防
  • 下着は木綿の物を選んだり、特に締め付けのきついものは避けるようにする。
  • 普段から、デリケートゾン専用クリーム等で保湿をする
治療
  • 下着は木綿の物を選んだり、特に締め付けのきついものは避けるようにする。
  • 黒ずみ解消クリームで毎日ケアをする

 

★黒ずみ解消クリームについては、次の記事で詳しく紹介してます。
次の記事=>失敗しない陰部の黒ずみ改善!3ヶ月で効果の出る激安ネットショップ